「間#18」タグアーカイブ

住宅「間#18」の1年点検

昨日、安曇野市の住宅「間#18」の一年点検に行ってきました。
IMG_0182これから暑くなることを考え、西日を遮る「緑のカーテン」を準備されていました。

施工業者さんと一緒に、内壁・外壁、扉の開閉等、一通り点検。
特に問題もなく、一安心。2階の点検を終え、階段を下りながら、吹抜け上部の窓から見える景色を久しぶりに眺めました。
IMG_0184
点検後、淹れたてのコーヒーを頂きながら、雑談。
快適に過ごしていただいているようで、良かったです。

第19回未来をのぞく住宅展、無事終了

11月1日・2日の2日間、安曇野市サンモリッツで開催されたASJ松本スタジオ主催の「第19回未来をのぞく住宅展」は、無事終了しました。
DSC_0548ご来場者数は期待していたよりも少なかったですが、その分、お一人お一人とゆっくりお話が出来、又、参加建築家の方々とも様々な情報交換が出来、有意義な2日間でした。
DSC_0547私のブースは最新の「間#18」「間#15」「間#17」を中心に写真や図面、模型を展示しました。

今週は6日の木曜日より4日間、山形村のi cityにて「第16回建築家展」が開催されます。
こちらにも参加予定です。

お時間の許す方、ご興味のある方、お気軽にお越し下さい。

設計事務所のつくる住宅〜「間#18」クローゼット

現在、計画進行中のお施主さんとの打合せの際、「クローゼット」の話がでました。
「クローゼット」を各部屋にそれぞれ設けるのか、家族全員分をまとめて収納するのか、という話です。

安曇野市の住宅「間#18」では収納する衣類によって分けられる様に、2種類の「クローゼット」を設けました。

先ずは1階のウォークインクローゼット。
IMG_2929こちらは家族全員分の外出用の衣類を収納する場所。
中で着替えが出来る広さになっています。
玄関の近くにも設けることで、外出時・帰宅時に使いやすい用にしました。
IMG_2931廊下のつきあたりがクローゼット。廊下左が玄関です。

2階は部屋の中にクローゼットを設けました。
IMG_2936こちらは普段着等を収納するクローゼット。
「間#18」は2階に浴室があるので、下着やタオル等もここに収納出来る様に左側の収納(写真の扉側)は全て可動棚になっています。

設計事務所のつくる住宅〜プランニング

現在、プランニング中の物件があり、毎日手書きで図面を書いています。
DSC_0528プランニング中に描く手書きの図面は10〜20枚。実際にお施主さんにお見せするのはこのうちの2〜3プラン程度になります。

プランニングでは2次元の図面を書きながら、頭の中でその図面を3次元にし、歩いてみたり、座ってみたりを想像しながら、各部の寸法やレイアウトを考えていきます。

その際に心がけているのは、事務所名にもしていますが「間」(mA)
空間と空間の距離感です。デッドスペースにならない「間」をつくる事で、空間に落ち着きが生まれます。この「間」は隣り合っている平面的な空間だけではなく、上下に配置された空間でも重要にです。

その「間」が各空間の中間的なスペースとして使用される事で、生活の中に今までに無い時間が生まれてくれればと考えています。

例えば、階段の幅を広くし、居間とオープンに繋げる事で、階段に腰掛けてお茶を飲みながら本を読む、
1795 A4「間#18」より
a1258「間#10」より

吹き抜け中央に設けた渡り廊下に座り、外の風景を眺める、
IMG_1786「間#08」より

等、住みながら、それぞれのお気に入りの場所を見つけられる住宅をつくりたいと考えています。

住宅「間#18」に行ってきました

先日、暖房機器のご相談を受け、安曇野市の住宅「間#18」に行ってきました。お引き渡しをして3ヶ月半。どんな風に暮らしていらっしゃるのか楽しみに伺いました。

外観は、お引き渡しの時とほとんど変わっていませんでした。
DSC_0521白い外壁も汚れやひび割れ等無く、良かったです。

内部の様子は、お施主さんらしい、暖かい家庭の雰囲気が溢れていました。
DSC_0522階段部分にもお子さんの描いた絵や絵本、小物等が置かれ、この家での生活を楽しんで下さっている様子が想像出来ました。

暖房機器の種類や設置場所も、建築中から計画をしていたので、あっという間に打合せも終わり、後は雑談。
美味しいコーヒーを頂き、楽しい一時でした。

イベント用パネル、完成

安曇野市の住宅「間#18」イベント用パネルが出来上がりました。
DSC_0513綺麗に仕上がっていて、大満足です。今月の20・21日に長野市でイベントがあるので、その際には展示しようと思っています。今から楽しみです。

このパネルの写真は、ホームページ「WORK」上にも掲載しています。下記アドレスをクリックいただければご覧いただけます。

http://ma-architect.jp/#/works/18.html

よろしかったらご覧になって下さい。

住宅「間#18」の竣工写真をホームページにアップしました。

安曇野市の住宅「間#18」の竣工写真ホームページにアップしました。下記をクリックいただくと、ご覧いただけます。

http://ma-architect.jp/#/works/18.html

長野県松本市の設計事務所 mA建築計画工房 | Works | 18 のコピー
上の様な画面が開きます。小さな写真をクリックしていただくと、大きな写真が見られます。ぜひご覧ください。

設計事務所のつくる住宅〜「間#18」-室内物干

安曇野市の住宅「間#18」は、2階の浴室・洗面脱衣所に隣接して「室内物干」を設けてあります。

冬の寒い信州では、「室内物干」があると、とても便利。特に、ご夫婦共働きのお宅では、洗濯物を干しっぱなしにして出かけられ、喜ばれています。

こちらが住宅「間#18」の室内物干
IMG_2937
洗濯物を干せる様に、天井から金具がつり下げられ、ここにポールを通せる様になっています。壁には可動棚の収納を設置。ハンガーや洗濯バサミ等を置いていただける様にしました。又、床はスノコ状にし、風通しが良い様にしています。

室内物干の南面には大きな掃き出しの窓とベランダを設置。
IMG_2938
太陽光を充分に取入れられる様にしてあります。

2階に浴室を設置する事で、景色が良く、開放的な浴室がつくれるのはもちろん、洗濯物を干す、取り込む作業が階段を上り下りせずに出来る様になります。

住宅「間#18」の竣工写真、完成

先日、写真家の林さんより竣工写真が届きました。どれも素敵な写真になっています。ホームページにアップ出来るのは、今月後半になりそうなので、そのうちの一枚をご紹介します。
1795 A4

この写真は、居間の吹抜けの写真。撮影時は梅雨時だったのですが、この日だけは、晴れ渡り、吹抜けに取付けられた嵌め殺しの窓から見える青空が綺麗です。

住宅「間#18」田園地帯に建築されました。南東方向は、視界が開けて景色が綺麗に見えます。写真左の窓方向が南東になります。

この他の写真でも、その様子が良く判る様に撮影して下さったので、とても満足です。