「店舗併用住宅」タグアーカイブ

店舗併用住宅「間#12」〜工事進捗状況2-準備段階での打合せ

昨日、「間#12」の打合せに、プレカット工場に行ってきました。

プレカット工場とは、家の構造材(柱や梁・桁)を現場で組み立てやすい様に、図面に合わせて、あらかじめ加工する工場です。工場には、多くの材木が置かれ、大勢の人が忙しそうに働いていました。

今回は加工用図面のチェックの打合せです。

工務店の現場監督さんや大工さんも来ていただいて、図面を一つ一つ確認しました。

今回の打合せを基に図面を修正し、再チェックを行い、問題が無ければ、加工に入ります。

こうした準備段階での打合せが、家の出来映えを大きく左右します。今回は構造材に関する打合せでしたが、今後も様々な業者さんとの打合せが予定されています。

現場が動き始めるには、もう少し時間がかかりそうです。

店舗併用住宅「間#12」着工しました

先日地鎮祭を行った安曇野市の店舗併用住宅「間#12」が着工しました。

まだ「丁張り」(建物の位置や高さの基準を表す仮設物)の段階です。

写真中の材木が「丁張り」です。

現場に大きな変化は無いのですが、すべての基準を決める大事な行程です。

今後はこれを基に、地面を掘り、基礎を作っていきます。時期や建物の規模を考えると、基礎が出来上がるまでには、まだ時間がかかりそうです。

設計事務所の家づくり〜地鎮祭

昨日、新しい物件安曇野市の店舗併用住宅「間#12」の地鎮祭が行われました。

気温が低く、雪が舞っていましたが、地鎮祭が始まると、雪も止み、太陽が顔を出しました。寒い中準備をして下さった、お施主さん、工務店さんのおかげで、立派な祭壇が出来ました。

無事、地鎮祭も終わり、来月から工事が始まります。

約半年強の工事期間、トラブル無く、無事に工事が進み、
お施主さんに喜んでいただける家が出来る様、頑張ります。

お見積書

現在、計画進行中の間#12

先週、お見積もりを依頼していた各建築施工会社さんから、お見積書を頂きました。各建築施工会社さん、お手数をおかけしてすみませんでした。又、詳細に積算して頂き、ありがとうございます。

今回は、4社の建築施工会社さんに見積もりを依頼しました。
皆さん、私の図面をもとに詳細に積算して頂き、40枚超の見積もりを提出して下さいました。

今回は、ただ見積もりを頂くだけでなく、お施主さんと面談して頂き、直接、見積書の説明をして頂きました。お施主さんも各施工会社さんの担当者の方に会えて、各会社さんのイメージがつかめたようです。

同じ図面を基に積算しても、細かい部分で、各社違いがあります。この後、私の方でその細かい違いを、比較検討できる様に、確認・調整していきます。

施工会社さんが決まるまでには、もう少し時間がかかりそうです。お施主さん・各施工会社さん、お待たせしてすみません。

設計事務所の家づくり〜構造設計

今、図面を作成しているお宅(間#12)の構造設計図面と計算書が出来上がってきました。

今回も、構造建築士さんに依頼して、構造計算をして頂いています。

一般的に木造軸組工法(在来工法)の場合の構造計算は、耐力壁の量の計算が主になります。しかし、構造建築士さんに依頼すると、各材木に掛かる加重を計算し、それぞれの材種やサイズを割り出してくれます。

今回は、計算だけでなく図面も依頼しました。

これに、私が書いた図面を合わせれば、いよいよ積算に取りかかれそうです。これから忙しくなりそうです。

春の気配

今日、図面を作成中のお施主さんと打ち合わせをしてきました。
現在、積算に向けて展開図詳細図を作成中です。

今回のお施主さんは、お花屋さん
そこで、お店の花の写真を撮らさせて頂きました。

色とりどりで、綺麗です。

青いバラも売っていました。染色した物らしいのですが、珍しいですよね。

まだ寒い日が続いていますが、淡い色の花を見ていると、が近付いている気がします。

明日から、長野市のイベント。頑張ります。