設計事務所のつくる住宅 〜 価格

設計事務所に住宅を依頼する事に対して、色々な疑問や不安を持っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。そんな疑問や不安を少しでも取り除いていただけたらと思い、このブログで「設計事務所のつくる住宅」について、少し書かせていただこうと思います。

設計事務所のつくる住宅のイメージとして、私が一番多くお聞きするのが、「高い」と言う事です。

私が設計業務を始める際に、まずお聞きするのが、住む方の「御要望」「御予算」です。決められた御予算の中で御要望を満たすにはどのようにしたら良いか、ここからプランニングが開始します予算の中に収まっていなければ、どんなにいいプランも実現出来ないからです。

また、人が長い時間を過ごすための器として、住宅はこうあるべきと言う思いが建築士それぞれにあります。これらを総合して形にするために、試行錯誤が始まります。この試行錯誤から工夫が生まれ、そこに住まれる方のオリジナルの住宅が出来上がります。

御予算も十人十色です。
住宅をつくるには、様々な諸費用等が発生します。予算のすべてが住宅にかけられる訳ではありません。それらを試算して、新築で住宅にかけられる費用が一千万円台という方からも、実際に御依頼を受け、設計させていただきました。

住む方のご予算に合わせて、どこに費用をかけ、どこを抑えるのかを一緒に検討しながら住宅をつくるのが設計事務所のつくる住宅だと、私は考えています。

少し固い話で、済みません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください