設計事務所のつくる家〜土間1

最近、「土間」を御要望される方とお話しする機会が何度かありました。

先日参加した建築家展でも、「土間」が欲しいとおっしゃる方が数組いらっしゃいました。
又、現在、「土間」を取入れたプランの作成を数件依頼されています。

「土間」といっても昔ながらの「土の間」では無く、
床の仕上げをコンクリートタイルで仕上げています。

用途も様々で、家の中で土足でいる場所として要望されている方、
靴を脱いで、サンルームの様な使い方を要望されている方もいらっしゃいます。

今回は、土足で過ごす「土間」をご紹介したいと思います。

上の写真のお宅は、玄関から土足のまま土間に入れて、土間と居間が一つの空間になっています。
写真右の床の部分が居間です。
このお宅は建物の周辺に畑をお持ちで、農作業中でも、スムーズに家に出入りが出来る様に土間を設けました。

 


このお宅も、家の周辺に畑をお持ちで、畑で採れた野菜をそのまま調理できる様に、キッチンを土間にしました。
現在はキッチンの横に大きな座卓が置かれて、床に座って食事をされています。

上の二つのお宅は床をコンクリートで仕上げてあります。

最後に、玄関の前室として土間を設けたお宅です。

写真のグレーのタイル部分が土間、白いタイル部分が玄関と玄関ホールです。
この土間は、雨・風は入ってきませんが、室温は外気に近くなっています。
現在は、ご主人の趣味の自転車が置かれています。

この他にも、写真が無いので詳しくご紹介できませんが、
バイクや車を置いて、ご主人の趣味の部屋「ガレージ」として使用されている方もいらっしゃいます。

「土間」を設ける事で、本来は外で行う事を室内で出来るようになり、
家族で過ごす時間が増え、生活にゆとりが生まれる気がします。

次回は靴を脱いで使用されている「土間」をご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください