設計事務所がつくる住宅~間#14-2世帯住宅の工夫

今回も、塩尻市の二世帯住宅「間#14」のご紹介をしたいと思います。
以前にも何回か書いているかと思うのですが、間#14は2世帯住宅

2世帯住宅の場合の設計で、最も気を使っていることは、「各世帯間の距離」「生活音」です。

これらはその家に住まわれるお施主さんによって違いますが、今回の間#14は、各世帯が「お互いの生活にあまり干渉しないが、気配を感じられる」距離をご希望されていました。そのためには、各世帯の「生活音」も、出来る限り遮断する必要があります。

間#14では親世帯のLDKの上にベランダを設け、上下に音が響かないようにしました。
そのベランダがこちらです。
IMG_2674
ホームページ上では2階居間(子世帯)から見た写真が載っています。上は子供室から見た写真です。ベランダの先にあるのは、離れの書斎です。

このベランダがあることで、生活音は遮断され、それぞれの世帯のLDKに落ち着きが出ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください