照明器具〜ハロゲン球

設計をしていて、検討に時間をかける物の一つに照明器具があります。

照明器具の種類や配置によって、空間の印象は大きく変わってしまうからです。又、使い勝手も充分考慮する必要があります。

そんな中、私の好きな照明の一つに「ハロゲン球」を使った照明器具があります。
DSC_0460
サイズが小さく、設置してもすっきりしています。照明を点灯した時はきらきらと光って、とても演出効果の高い電球です。
IMG_29223
写真右上のスポットライトについているのが「ハロゲン球」です。この「ハロゲン球」には様々な種類があります。写真の「ハロゲン球」も3種類違う物です。その違いはビーム角(光の広がり方)の違いです。
DSC_0461
写真左から狭角(15度)・中角(20度)・広角(35度)となっています。

「ハロゲン球」は光が後ろに漏れる事も特徴の一つです。その特徴を利用して、「ハロゲン球」に加工を施したガラスのカバーをかけ、天井にその光の影で模様をつくる照明器具もあります。
又、「ハロゲン球」の中にはリアコートと言って、後ろに光を漏らさない様に加工した物もあります。
DSC_0462
写真右の黒い電球がリアコートした物です。

この「ハロゲン球」も最近はLEDの代替え品が出て来ています。
そのうちになくなってしまうのかな、と思うと残念です。

「照明器具〜ハロゲン球」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください