年末の恒例行事

先日、このブログでも書かせて頂いたように、
今まで設計させて頂いたお宅に、年末のご挨拶に伺いました。

19日(土)・20日(日)の二日間で12件のお宅を回らせて頂いたのですが、「長野県は広い」と改めて感じました。

距離や時間の事だけであれば、さほど感じないのですが、19日、私が家を出るときは、松本では雪が待っている程度でした。その1時間半後、大町に到着。そこは別世界でした。

IMG_2099

この写真はお客さんのお宅の中から撮らせて頂いたものです。

これだけの雪を見ると、「寒い」よりも、わくわくする自分がいます。この日もお客さんと、子供の頃の雪遊びの話で終わってしまいました。この後、除々に南下して行く訳ですが、穂高(安曇野市)まで来ると、路面に雪はありませんでした。(雪かきが終わっていた、と言う事ではありませんよ)

車で40〜50分程度走っただけで、これほど違うとは、昔から長野県に住んでいますが、改めて驚かされました。

さて、年末の御挨拶回りの事ですが、皆さんお元気そうで、良かったです。お会い出来なかったお宅もあるので、近いうちに又、伺おうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です